稽古非公開は集中か羞恥か…稀勢の里は“ノミの心臓”のまま

公開日:

 見られて困るものでもあるまいに……。

 5日から稽古を再開させた横綱・稀勢の里(31)。しかし、ファンはおろか報道陣にも稽古は公開されず、部屋の入り口には「見学はお断りします」との紙が貼ってあった。

 稀勢の里はもっか7場所連続休場中とあって、その体はブヨブヨ。当然、いきなり相撲を取れるはずはなく、そうでなくともこの時期はすり足やシコといった基礎稽古が中心になる。いちいち公開するものでもないが、あえて隠す必要があるのかどうか。

 本人は稽古後、「ここから頑張ります」と話しただけで、車に乗り込んでそそくさと帰宅。

 ある親方は「本人が“カーテン”を望んだかどうかはわからない。親方の指示の可能性もある」と、前置きしてこう続ける。

「いずれにせよ、見られて困るものがあるわけではなく、『人に見られたくない』、あるいは親方が『とても人には見せられない』と判断したからではないか。稀勢の里は崖っぷちに立たされている現状を悩んでいるはず。そういうときは、被害妄想というのか、他人の視線がやたらと気になるものです。人に見られては稽古に集中できない、ということでしょう。つまり、稀勢の里は横綱に昇進しても、『ノミの心臓』のまま。ここにきても開き直ることができない。メンタル的には、何も成長していません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る