あさましき横綱・白鵬「水のCMに出たい」と下品なおねだり

公開日:

 下品――この横綱を語るに、最もふさわしい言葉ではないか。

 歴代最多の優勝40回を誇りながら、周囲が白鵬(33)に向ける感情は尊敬とは程遠い。昨年11月場所中に発覚した日馬富士暴行事件の現場に居合わせながら、優勝時に万歳三唱をした姿に嫌悪感を抱いたファンも少なくないはずだ。

 昔から、強すぎる横綱は疎まれたもの。北の湖も現役時代は「憎らしいほど強い」と言われていた。しかし、白鵬の場合は事情が異なる。自らの言動が人品を下げているのだ。

 昨22日の5月場所10日目もそうだった。手負いの遠藤に翻弄されつつも、送り出しで9勝目。支度部屋では風呂上がりに水を飲んで一息つくと、「あー、水のCMに出たいな」とポツリ。キョトンとする報道陣に、「うまいな、水。書いてくれよ、『水のCMに出たい』って」と続け、ニタニタと笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る