東洋大コールド負け ドラ1候補を巨人スカウトはどう見た?

公開日: 更新日:

 全日本大学野球選手権は13日、2回戦が行われ、ドラフト1位候補右腕3人を擁する東洋大(東都)が九産大(福岡6大学)に3―10で7回コールド負けを喫した。

 最速151キロの先発・上茶谷大河(4年=京都学園)が誤算だった。二回に4安打を浴びて3失点。三回に1死満塁のピンチを招いて降板。右くるぶしに打球を受けた影響で4月10日以来の公式戦登板となった、最速153キロの2番手・梅津晃大(4年=仙台育英)も勢いを止められない。連続適時打を浴び、0―7とされた。五回には9番打者にソロ本塁打。3―8で迎えた七回にも2打席連発となる2ランを打たれ、コールド負けが決まった。

 ネット裏で視察した巨人の岡崎スカウト部長がこう言う。

「上茶谷は(5月29日からのリーグ戦最終節で)3連投した疲れが残っていたね。復帰した梅津は故障明けだしね。梅津はリーグ戦で1回しか見たことがなかったから、見られてよかった。2人とも1試合打たれたからって評価は変わりません。ドラフト1位? 投手か野手かもまだ決まっていません。今年は昨年の清宮のような軸になる選手がいない。一軍は投手陣が苦しい? まあ、野球は投手だから。8割方ね。だから支配下の半分は投手なんだよ。それだけ必要で、それだけ難しいということ。だからいい投手は毎年欲しいよ。でも、今年は特にそうかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る