今年も開幕3連敗の中日 剛腕ドラ1鈴木が唯一の明るい材料

公開日:

 竜党のストレスを吹き飛ばす、圧巻のデビューだった。

 中日のドラフト1位右腕・鈴木博志(21=ヤマハ)が、1日の広島戦の八回に3番手としてプロ初登板。先頭の7番・安部の初球に投じたストレートが154キロを計測すると、スタンドがにわかにざわめき始めた。その安倍を4球で空振り三振に仕留め、続く石原は155キロの内角球で見逃し三振。代打の西川に対しても初球に155キロの剛球を投じて主導権を握り、二ゴロで3者凡退に片づけた。この日の全12球のうち7球が直球、そのすべてが153キロを超えた。鈴木博の登板時点でスコアは3―8。真っ赤に染まった敵地のスタンドで、肩身の狭い思いをしていた中日ファンの留飲を下げるには十分のインパクトを残した。

「キャンプで鈴木博のブルペン投球を見て、『惚れ惚れする球』とうなった森監督は、そのときから守護神に抜擢する構想を持っている。剛球と言うにふさわしいボールはもちろん、『ドラフト1位指名はメジャーに行くための通過点。世界一のクローザーになる』と公言する強気な性格も抑え向きです。今季の中日の数少ない明るい材料ですね」(地元放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る