今年も開幕3連敗の中日 剛腕ドラ1鈴木が唯一の明るい材料

公開日:

 竜党のストレスを吹き飛ばす、圧巻のデビューだった。

 中日のドラフト1位右腕・鈴木博志(21=ヤマハ)が、1日の広島戦の八回に3番手としてプロ初登板。先頭の7番・安部の初球に投じたストレートが154キロを計測すると、スタンドがにわかにざわめき始めた。その安倍を4球で空振り三振に仕留め、続く石原は155キロの内角球で見逃し三振。代打の西川に対しても初球に155キロの剛球を投じて主導権を握り、二ゴロで3者凡退に片づけた。この日の全12球のうち7球が直球、そのすべてが153キロを超えた。鈴木博の登板時点でスコアは3―8。真っ赤に染まった敵地のスタンドで、肩身の狭い思いをしていた中日ファンの留飲を下げるには十分のインパクトを残した。

「キャンプで鈴木博のブルペン投球を見て、『惚れ惚れする球』とうなった森監督は、そのときから守護神に抜擢する構想を持っている。剛球と言うにふさわしいボールはもちろん、『ドラフト1位指名はメジャーに行くための通過点。世界一のクローザーになる』と公言する強気な性格も抑え向きです。今季の中日の数少ない明るい材料ですね」(地元放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る