最高条件で仮契約 苦労人の巨人ドラ1鍬原拓也“4つの武器”

公開日: 更新日:

 巨人からドラフト1位指名された中大・鍬原拓也投手(21)が15日、都内のホテルで仮契約を結んだ。

 契約金1億円、年俸1500万円、出来高払い5000万円の最高評価に「ドラフト1位という高い評価を受けたなと実感しています。親に旅行なり、何かを買ってあげたい。自分なりに親に恩返しできたら」と笑顔を見せた。

 会見に同席した岡崎スカウト部長は「投球はしなやか。スポーツマンで好青年。明るくいつもニコニコしていて朗らか。そういう人間性も巨人軍の力になる。ドラフト1位の契約は、22歳(実際は21歳)の青年には緊張するのかなと思ったが、逆に我々の方が緊張した感じ。すごく度胸があるなと思った」と感心。その横で鍬原は「水道橋(駅)から(仮契約を行ったホテルに)迷ったので(東京ドームは)見ていません」とケラケラ笑った。岡崎部長が指摘した「明るさ」と「強心臓」も当然、評価のうちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

もっと見る