ドラ1も黒星 先発陣“火の車”巨人の本音は「村田戻って」?

公開日: 更新日:

 右肘を痛めて出遅れていた巨人ドラフト1位ルーキー鍬原拓也(22=中大)が5月31日の日本ハム戦でプロ初登板初先発。5回2安打6四死球7奪三振で3失点し、初黒星を喫した。それでも初回に150キロをマークするなど持ち味は発揮した。高橋由伸監督は「これから楽しみと思う部分がたくさんあった。球のキレ、スピードもまあまあ出ていたし、横から見ていてもいい球がいっていた。初登板と思えば、まあまあ良かったのかな」と及第点。先発ローテに組み込まれる可能性が高まった。

 巨人は今、先発陣が火の車だ。ローテから4勝4敗の野上、3勝3敗の吉川光が相次いで登録抹消される異常事態。現在一軍で定着している先発は菅野、田口、山口俊の3人しかいない。二軍からまずは内海が呼ばれ、3日のオリックス戦に登板予定。それでも駒が足りない状況だ。チーム防御率もリーグ4位の4.08と悪化の一途。昨季までエース格だったマイコラスが流出し、由伸監督は春のキャンプで「(昨季14勝)マイコラスの穴は埋まらない。みんなで少しずつカバーしていくしかない」と構想を語っていたが、カバーどころか穴は大きくなるばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る