首位をキープ 西武の好調を支える選手たちの「個人主義」

公開日:  更新日:

 リーグ首位をキープしている西武。交流戦はリリーフ陣の乱調が露呈しているものの、8勝6敗で3位につけている。

 投手陣の不安を払拭しているのが、強力な「山賊打線」。その中軸、4番を任されている山川穂高(26)はこう言う。

「ベンチでの声出し? ないない、そういうのはないですよ。学生野球じゃないですから。プロの集まりですから、みんな基本は個人プレーです。僕も自分のすべきことをやって、自分の打席で結果を出すのみ。それを続けることでチームもまとまってくると思っています。僕はまだ出始めの選手。やるとしても、まとめ役はずっと(レギュラーで)出ている秋山(翔吾)さんや浅村(栄斗)さんの仕事だと思っている。僕は今年から4番に座っているだけで日も浅いですから」

 昨季から主将を務める浅村栄斗(27)は、5月末に国内FA権を取得した。「まだシーズン中。いまは個人的なことよりもチームのことを第一に考えたい」としつつも、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る