西武・今井がプロ初勝利 母が語る“学生時代の野球本漁り”

公開日: 更新日:

 西武でプロ初登板初先発初勝利は、99年の松坂大輔(現中日)以来19年ぶり。最速152キロの速球を武器に、好調なヤクルト打線を6回1失点に抑えた16年夏の甲子園の優勝投手・今井達也(作新学院)に関して、

「気迫を感じたし、ランナー背負っても顔色ひとつ変えずにすごいピッチングをしてくれた。さすがドラ1。でも、(ベンチ)裏に行くと、(八回に)浅村選手が(ダメ押しの中前適時打を)打ったとき一人でテレビを見て『わーっ』と言ったり、一喜一憂しているところはまだまだ子供だなあと思いました」

 と話すのは、この日女房役を務めた岡田(28)だ。

 180センチ、70キロ。ファームで一緒だった3年目の右腕・南川(26)は、「(寮の)食堂で一緒にご飯を食べているとき、結構少食だなと思った。お調子者でやんちゃだけど、野球に関してはすごく真面目。線は細いけど、トレーニングも一生懸命やっていた。筋肉はしっかりついているし、バネもあるので見習いたい」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る