開幕サウジ戦はワンサイド “最弱国”ロシアが圧勝の舞台裏

公開日:  更新日:

 ロシアW杯が、日本時間15日午前0時にキックオフされたロシアVSサウジアラビアから始まった。

 この日の開幕カードを待ちわびた人が当事国以外、どのくらいいたのだろうか? 7日に世界サッカー連盟(FIFA)が発表した世界ランキングによると、ロシアは出場32カ国の中で最下位の70位。ホスト国が出場国ワーストで本大会に臨むのは、初めてのこと。しかも相手のサウジは出場国ブービーの67位である。どうして「史上最弱国同士による開幕戦」になってしまったのか? 

 スポーツライターの平野史氏がこう言う。

「本大会が盛り上がるためには、何よりもホスト国が1次リーグを勝ち上がることが必要最低限の条件となります。そのためにFIFAは“見えざる手”を駆使することがあります。ロシアの入った1次リーグA組にアジア勢で世界ランク最下位のサウジを入れ、アフリカ勢からは世界ランクこそナイジェリアの48位を上回っているが、チーム力がひときわ低いといわれている45位のエジプトを組み入れた。同じA組の南米代表の14位ウルグアイには歯が立たなくとも、サウジとエジプト相手に勝ち点を稼ぎ、A組2位で決勝トーナメントに進出するために“抽選会でアレコレと仕組んだ”というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る