開幕サウジ戦はワンサイド “最弱国”ロシアが圧勝の舞台裏

公開日: 更新日:

 ロシアW杯が、日本時間15日午前0時にキックオフされたロシアVSサウジアラビアから始まった。

 この日の開幕カードを待ちわびた人が当事国以外、どのくらいいたのだろうか? 7日に世界サッカー連盟(FIFA)が発表した世界ランキングによると、ロシアは出場32カ国の中で最下位の70位。ホスト国が出場国ワーストで本大会に臨むのは、初めてのこと。しかも相手のサウジは出場国ブービーの67位である。どうして「史上最弱国同士による開幕戦」になってしまったのか? 

 スポーツライターの平野史氏がこう言う。

「本大会が盛り上がるためには、何よりもホスト国が1次リーグを勝ち上がることが必要最低限の条件となります。そのためにFIFAは“見えざる手”を駆使することがあります。ロシアの入った1次リーグA組にアジア勢で世界ランク最下位のサウジを入れ、アフリカ勢からは世界ランクこそナイジェリアの48位を上回っているが、チーム力がひときわ低いといわれている45位のエジプトを組み入れた。同じA組の南米代表の14位ウルグアイには歯が立たなくとも、サウジとエジプト相手に勝ち点を稼ぎ、A組2位で決勝トーナメントに進出するために“抽選会でアレコレと仕組んだ”というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る