開幕サウジ戦はワンサイド “最弱国”ロシアが圧勝の舞台裏

公開日:  更新日:

 ロシアW杯が、日本時間15日午前0時にキックオフされたロシアVSサウジアラビアから始まった。

 この日の開幕カードを待ちわびた人が当事国以外、どのくらいいたのだろうか? 7日に世界サッカー連盟(FIFA)が発表した世界ランキングによると、ロシアは出場32カ国の中で最下位の70位。ホスト国が出場国ワーストで本大会に臨むのは、初めてのこと。しかも相手のサウジは出場国ブービーの67位である。どうして「史上最弱国同士による開幕戦」になってしまったのか? 

 スポーツライターの平野史氏がこう言う。

「本大会が盛り上がるためには、何よりもホスト国が1次リーグを勝ち上がることが必要最低限の条件となります。そのためにFIFAは“見えざる手”を駆使することがあります。ロシアの入った1次リーグA組にアジア勢で世界ランク最下位のサウジを入れ、アフリカ勢からは世界ランクこそナイジェリアの48位を上回っているが、チーム力がひときわ低いといわれている45位のエジプトを組み入れた。同じA組の南米代表の14位ウルグアイには歯が立たなくとも、サウジとエジプト相手に勝ち点を稼ぎ、A組2位で決勝トーナメントに進出するために“抽選会でアレコレと仕組んだ”というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る