元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

南ア大会の再現期待も 西野監督と岡田氏に2つの決定的違い

公開日: 更新日:

 日本時間9日のスイス戦が0―2の敗戦に終わり、西野朗監督(63)率いる日本代表に明るい兆しは見られない。2018年に入ってからの日本代表は1分け3敗――。ここで思い出されるのは、10年南アフリカW杯前の苦境である。当時の岡田武史ジャパンも同年4月のセルビア戦から4連敗。5月の韓国戦が完敗に終わった後には、岡田監督が進退伺を申し出る事態に発展した。しかし、大方の予想に反して日本代表は16強入りした。あれから8年。西野ジャパンにその再現は期待できるのか? 日本代表に帯同して現地取材を敢行中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏による緊急コラムである。

 ◇  ◇  ◇

 3月のマリ戦後、ガラタサライの長友佑都(31)は「10年と状況がすごく似てると思う。早く抜け出したい」と神妙な面持ちで語っていた。

 そして現地8日のスイス戦後にも、当時の生き証人である長谷部誠(34=フランクフルト)が「南アの時と状況が似ていると思われるかもしれませんが、自分の中では何の保険にもならない」と語り危機感を募らせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  9. 9

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  10. 10

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

もっと見る