4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

公開日:

 ひとまず手当てはしてみたものの……。

 阪神が15日、新外国人野手のナバーロ(32=カブス3A)獲得を発表した。来日は未定だが、3Aでは48試合で打率.310。助っ人野手はロサリオひとり。ナバーロは一塁と外野が守れるため、二軍調整中のロサリオとともに、一軍のラインアップに加えることも想定しているようだ。

 とはいえ、阪神は近年、助っ人野手で失敗続き。ナバーロのアテが外れ、さらに今後もロサリオの調子が上がらないようなら、今オフは新たな4番探しを余儀なくされる。若手を見渡しても、4番に固定できそうなメンツは見当たらない。

「今オフはFA補強の可能性も出てくるでしょう。今年FA権を取得した西武の浅村、取得予定の広島の丸が注目されるが、2人は4番タイプとは言い難い。昨年、阪神が調査をしていた日本ハムの中田翔の名前が再び浮上してきます」(某球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る