4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

公開日: 更新日:

 ひとまず手当てはしてみたものの……。

 阪神が15日、新外国人野手のナバーロ(32=カブス3A)獲得を発表した。来日は未定だが、3Aでは48試合で打率.310。助っ人野手はロサリオひとり。ナバーロは一塁と外野が守れるため、二軍調整中のロサリオとともに、一軍のラインアップに加えることも想定しているようだ。

 とはいえ、阪神は近年、助っ人野手で失敗続き。ナバーロのアテが外れ、さらに今後もロサリオの調子が上がらないようなら、今オフは新たな4番探しを余儀なくされる。若手を見渡しても、4番に固定できそうなメンツは見当たらない。

「今オフはFA補強の可能性も出てくるでしょう。今年FA権を取得した西武の浅村、取得予定の広島の丸が注目されるが、2人は4番タイプとは言い難い。昨年、阪神が調査をしていた日本ハム中田翔の名前が再び浮上してきます」(某球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る