4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

公開日:

 ひとまず手当てはしてみたものの……。

 阪神が15日、新外国人野手のナバーロ(32=カブス3A)獲得を発表した。来日は未定だが、3Aでは48試合で打率.310。助っ人野手はロサリオひとり。ナバーロは一塁と外野が守れるため、二軍調整中のロサリオとともに、一軍のラインアップに加えることも想定しているようだ。

 とはいえ、阪神は近年、助っ人野手で失敗続き。ナバーロのアテが外れ、さらに今後もロサリオの調子が上がらないようなら、今オフは新たな4番探しを余儀なくされる。若手を見渡しても、4番に固定できそうなメンツは見当たらない。

「今オフはFA補強の可能性も出てくるでしょう。今年FA権を取得した西武の浅村、取得予定の広島の丸が注目されるが、2人は4番タイプとは言い難い。昨年、阪神が調査をしていた日本ハムの中田翔の名前が再び浮上してきます」(某球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る