株主から不満噴出…阪神の“病巣”を野崎元球団社長が直言

公開日: 更新日:

 13日に行われた阪神タイガースの親会社である阪急阪神ホールディングスの株主総会では、株主から阪神に関する多くの不満が噴出した。一部株主から「阪神の質問はやめてくれ」とクレームが出るなど、異様なムードが漂った。

 若手が伸び悩み、貧打に悩むチームを嘆く声が出たのはもちろん、「広島のコーチが移ったヤクルトは交流戦でトップ。フロントはコーチがいかに大事であるかわかっているのか」と指摘した株主は拍手に包まれた。

 年俸3・4億円で獲得した新助っ人ロサリオは不振で二軍落ち。「使い物にならない助っ人ばかり取ってくる。自虐本出したら売れるで」とも言われる始末。2年前の総会でも意見したという株主は、「投手は頑張っている。打てないから成績がよくない。高いお金を出して外国人連れてきても打てない。これが何年も続いている。2年間、何をやってきたんだ」と言及した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る