阪神は最下位へまっしぐら…貧打に我慢できず投手陣も崩壊

公開日:  更新日:

 大荒れとなった親会社の株主総会から一夜明けた阪神は、14日の日本ハム戦でチームの屋台骨である投手陣が崩壊し、3―11と大敗した。

 チームは2位から5位に転落。得点、打率、本塁打と打撃3部門でリーグワーストの打線が足を引っ張っているのだが、貧打にいよいよ投手がガマンできず、ズルズルと崩れていったチームは過去にゴマンとある。

 しかも、次カードの楽天戦は、盗撮行為により略式起訴され罰金50万円で釈放された山脇光治スコアラーが担当する予定だった。急きょ、別のスコアラーがカバーするが、直前の担当交代では資料の分析、整理は到底、追いつかないだろう。

 6位中日とはわずか1ゲーム差で最下位転落も見えてきた。踏んだり蹴ったりの阪神はまさに正念場を迎えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る