登録抹消の中日・松坂…心配される「背部捻挫」の深刻度

公開日: 更新日:

 西武戦(17日)で開始15分前に先発登板を回避した松坂(37)が、18日に一軍登録を抹消された。

 同日、横浜市内の病院で検査を受け、背部の軽度の捻挫と診断されたのだ。トレーニングは今後の様子を見て行う。

 この日発表された球宴の最終中間発表ではセの先発部門で30万票近く集めてトップを独走しているが、実際に出場できるのかどうか、心配するムキもあるだろう。

 さらには、今回のケガが過去にメスを入れた肩や肘に影響するのかどうかも問題だ。再び肩や肘を壊すようなら、選手生命の危機に陥りかねない。スポーツ障害が専門のメディカルトリート代々木治療室の若月順院長はこう言う。

「背部の捻挫という診断名は珍しい。胸椎や腰椎を軸として、背中の筋肉をひねったということでしょう。背中にけいれんが出たということですが、松坂投手は昨年はほぼ実戦で投げていない。自然と力が入ったでしょうし、筋肉の疲労もあったと思います。筋肉がまだ、徐々に登板間隔を詰めて投げられるほどの状態ではなかったことが考えられます。このまま無理をして背部をかばうような投げ方をすると、フォームが崩れて肩肘に負担がかかる可能性もある。ケガ自体は2週間もあれば治るでしょうから、順調に回復すれば、球宴出場は問題ないでしょう」

 まずは焦らず、回復を待つのが一番か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る