松坂は選手生命の危機? 背中けいれんで階段上りもソロリ

公開日: 更新日:

中日の先発ピッチャー、松坂に代わりまして藤嶋」

 先発変更のアナウンスが流れた瞬間、メットライフドームがどよめきに包まれた。

 17日、先発予定だった中日の松坂大輔(37)が試合開始数分前になって突然、登板を回避した。練習は普通にこなしたものの、ブルペンで背中がけいれん。永田トレーナーは「そこまで深刻な状況ではない」と話すが、本当にそうか。

 写真は試合中、球場を後にする際のひとコマ。この後、タクシーで宿舎に戻ったものの、まさに「ほうほうの体」といったありさま。足を引きずるように慎重に歩き、メットライフドームの階段を上りきるのに5分以上もかかった。終始無言の松坂は球団を通して「けいれんが治まらなかった」とコメント。長い時間、新幹線に座ることもムリな状態で、しばらくは都内に滞在。18日以降、病院に行くという。

 ひょっとしたら球宴はおろか、選手生命の危機かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る