松坂は選手生命の危機? 背中けいれんで階段上りもソロリ

公開日:

「中日の先発ピッチャー、松坂に代わりまして藤嶋」

 先発変更のアナウンスが流れた瞬間、メットライフドームがどよめきに包まれた。

 17日、先発予定だった中日の松坂大輔(37)が試合開始数分前になって突然、登板を回避した。練習は普通にこなしたものの、ブルペンで背中がけいれん。永田トレーナーは「そこまで深刻な状況ではない」と話すが、本当にそうか。

 写真は試合中、球場を後にする際のひとコマ。この後、タクシーで宿舎に戻ったものの、まさに「ほうほうの体」といったありさま。足を引きずるように慎重に歩き、メットライフドームの階段を上りきるのに5分以上もかかった。終始無言の松坂は球団を通して「けいれんが治まらなかった」とコメント。長い時間、新幹線に座ることもムリな状態で、しばらくは都内に滞在。18日以降、病院に行くという。

 ひょっとしたら球宴はおろか、選手生命の危機かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る