松坂は選手生命の危機? 背中けいれんで階段上りもソロリ

公開日: 更新日:

「中日の先発ピッチャー、松坂に代わりまして藤嶋」

 先発変更のアナウンスが流れた瞬間、メットライフドームがどよめきに包まれた。

 17日、先発予定だった中日の松坂大輔(37)が試合開始数分前になって突然、登板を回避した。練習は普通にこなしたものの、ブルペンで背中がけいれん。永田トレーナーは「そこまで深刻な状況ではない」と話すが、本当にそうか。

 写真は試合中、球場を後にする際のひとコマ。この後、タクシーで宿舎に戻ったものの、まさに「ほうほうの体」といったありさま。足を引きずるように慎重に歩き、メットライフドームの階段を上りきるのに5分以上もかかった。終始無言の松坂は球団を通して「けいれんが治まらなかった」とコメント。長い時間、新幹線に座ることもムリな状態で、しばらくは都内に滞在。18日以降、病院に行くという。

 ひょっとしたら球宴はおろか、選手生命の危機かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る