松坂がファン投票で1位浮上 中高年が「平成の怪物」支持?

公開日: 更新日:

 中高年の支持ともっぱらだ。

 日本野球機構(NPB)は4日、「マイナビ オールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表を行った。セの先発投手部門トップは中日の松坂大輔で8万7014票。巨人・菅野智之(8万4547票)を抜いた。

 ソフトバンクから中日に移籍した松坂は今季、ここまで6試合に登板(32回3分の1、23安打、21四死球)し2勝3敗、防御率2.51。その数字は菅野の10試合、77回、56安打、76三振、四球11、6勝3敗、4完投、2完封、防御率1.99よりはるかに劣る。今は、かつてのように速球で三振の山を築くわけでもない。

 それでも「松坂票」がこれだけ伸びているのは、中日ファンの「組織票」というより、横浜高時代の快投に、西武、レッドソックスでも頂点に立った、あの小気味よいピッチングが、中高年ファンの脳裏に焼き付いているからだろう。

 ちなみに、両リーグで最多得票は、パの打率1位のソフトバンク・柳田悠岐外野手の22万325票。8日からはホームでソフトバンク戦だが、ぜひとも対戦してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る