松坂がファン投票で1位浮上 中高年が「平成の怪物」支持?

公開日:

 中高年の支持ともっぱらだ。

 日本野球機構(NPB)は4日、「マイナビ オールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表を行った。セの先発投手部門トップは中日の松坂大輔で8万7014票。巨人・菅野智之(8万4547票)を抜いた。

 ソフトバンクから中日に移籍した松坂は今季、ここまで6試合に登板(32回3分の1、23安打、21四死球)し2勝3敗、防御率2.51。その数字は菅野の10試合、77回、56安打、76三振、四球11、6勝3敗、4完投、2完封、防御率1.99よりはるかに劣る。今は、かつてのように速球で三振の山を築くわけでもない。

 それでも「松坂票」がこれだけ伸びているのは、中日ファンの「組織票」というより、横浜高時代の快投に、西武、レッドソックスでも頂点に立った、あの小気味よいピッチングが、中高年ファンの脳裏に焼き付いているからだろう。

 ちなみに、両リーグで最多得票は、パの打率1位のソフトバンク・柳田悠岐外野手の22万325票。8日からはホームでソフトバンク戦だが、ぜひとも対戦してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る