松坂がファン投票で1位浮上 中高年が「平成の怪物」支持?

公開日: 更新日:

 中高年の支持ともっぱらだ。

 日本野球機構(NPB)は4日、「マイナビ オールスターゲーム2018」ファン投票の中間発表を行った。セの先発投手部門トップは中日松坂大輔で8万7014票。巨人菅野智之(8万4547票)を抜いた。

 ソフトバンクから中日に移籍した松坂は今季、ここまで6試合に登板(32回3分の1、23安打、21四死球)し2勝3敗、防御率2.51。その数字は菅野の10試合、77回、56安打、76三振、四球11、6勝3敗、4完投、2完封、防御率1.99よりはるかに劣る。今は、かつてのように速球で三振の山を築くわけでもない。

 それでも「松坂票」がこれだけ伸びているのは、中日ファンの「組織票」というより、横浜高時代の快投に、西武、レッドソックスでも頂点に立った、あの小気味よいピッチングが、中高年ファンの脳裏に焼き付いているからだろう。

 ちなみに、両リーグで最多得票は、パの打率1位のソフトバンク・柳田悠岐外野手の22万325票。8日からはホームでソフトバンク戦だが、ぜひとも対戦してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る