釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

公開日: 更新日:

 日本人もコロンビア人も、いや世界中の人が想定外の出来事にびっくり仰天したことだろう。

 まさか「開始3分でコロンビアの選手が1人退場になる」とは……。そもそもコロンビアの選手の対応がお粗末だった。

 クリアボールをMF香川が、相手ゴール方向に大きく蹴り出した。コロンビア22歳DFのD・サンチェスが対応にもたつく間、FW大迫が体を入れ替えながら突破する。GKとの1対1からのシュートは阻まれたが、こぼれ球をMF香川がシュート。これをペナルティーエリア内でMFのC・サンチェスが手を使って阻止してしまったのだから考えられない。

 日本にPKが与えられて、C・サンチェスにはレッドカードが提示された。32歳とは思えない軽率なプレーだった。

 いずれにしても先制点は入るわ、相手は1人少ない10人になるわ、西野ジャパンにとっては僥倖と言うしかないが、先制した「3分」以降の戦い方はいただけない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る