• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田崎健太
著者のコラム一覧
田崎健太ノンフィクション作家

1968年3月13日生まれ。京都市出身。ノンフィクション作家。早大法学部卒業後、小学館に入社。週刊ポスト編集部などを経て99年に退社。早大講師として「実践スポーツジャーナリズム演習」を担当。主著に「真説・長州力」「球童 伊良部秀輝伝」「ザ・キングファーザー 納谷宣雄」「偶然完全 勝新太郎伝」「W杯に群がる男たち」「ジーコジャパン 11のブラジル流方程式」などがある。

前回屈辱のブラジルはネイマール以外の点取り屋が欲しい

 日本代表とブラジル代表のような強豪国の違いのひとつは、大会のどこにチームのピークを持ってくるのか――ということだ。

 ブラジルの場合はもちろんグループリーグではない。準決勝、そして決勝に向けて、緩やかに調子を上げていく。そのため最初の1、2試合は、ぐずぐずした試合内容となることが多い。今回のスイス戦もそうだった。

 そして、見極めの場でもある。

 W杯は特別な大会であると、参加経験のある選手は口を揃える。元日本代表監督だったジーコは「W杯には世界中の視線が注がれる。その熱狂がピッチの中に流れ込んでくるのだ」と教えてくれたことがあった。

 その舞台の上で戦える選手であるか、どうか――。

 ブラジルの中盤の選手の才能は世界屈指である。相手チームもブラジルを警戒するため、細かなパスをつなぎ、試合を支配することは難しくない。しかし、勝利は別問題だ。グループリーグは、相手のゴールをこじ開けられる選手を探す試合でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る