田崎健太
著者のコラム一覧
田崎健太ノンフィクション作家

1968年3月13日生まれ。京都市出身。ノンフィクション作家。早大法学部卒業後、小学館に入社。週刊ポスト編集部などを経て99年に退社。早大講師として「実践スポーツジャーナリズム演習」を担当。主著に「真説・長州力」「球童 伊良部秀輝伝」「ザ・キングファーザー 納谷宣雄」「偶然完全 勝新太郎伝」「W杯に群がる男たち」「ジーコジャパン 11のブラジル流方程式」などがある。

前回屈辱のブラジルはネイマール以外の点取り屋が欲しい

公開日:

 日本代表とブラジル代表のような強豪国の違いのひとつは、大会のどこにチームのピークを持ってくるのか――ということだ。

 ブラジルの場合はもちろんグループリーグではない。準決勝、そして決勝に向けて、緩やかに調子を上げていく。そのため最初の1、2試合は、ぐずぐずした試合内容となることが多い。今回のスイス戦もそうだった。

 そして、見極めの場でもある。

 W杯は特別な大会であると、参加経験のある選手は口を揃える。元日本代表監督だったジーコは「W杯には世界中の視線が注がれる。その熱狂がピッチの中に流れ込んでくるのだ」と教えてくれたことがあった。

 その舞台の上で戦える選手であるか、どうか――。

 ブラジルの中盤の選手の才能は世界屈指である。相手チームもブラジルを警戒するため、細かなパスをつなぎ、試合を支配することは難しくない。しかし、勝利は別問題だ。グループリーグは、相手のゴールをこじ開けられる選手を探す試合でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る