劣悪環境の県営球場も平気 ヤクルト“神宮慣れ”が快勝呼ぶ

公開日: 更新日:

 12日、ヤクルトは県営大宮球場での西武戦に臨んだ。15時すぎには雨脚が強くなり、ビジターのヤクルトは雨中で打撃練習を始めるも、グラウンドコンディションが悪化。青木やバレンティンなど1組目が終わると、練習場所を室内に切り替えた。

 ところが、この室内練習場がすごかった。場所は三塁側のブルペン。扉から中をのぞくと、ネットが何重にも張りめぐらされている。狭過ぎるから報道陣は中に入ることができない。練習を終えた川端は、苦笑いしてこう言った。

「ひどい。あそこじゃ練習できない。傾斜というか、とにかく平らじゃない。(右足を投手寄りに出して傾くポーズを取り)こうなっちゃうから、打てたもんじゃないです」

 宮出打撃コーチも「ネットが打者に近すぎて打球が左右に飛ばない。打っても打球方向が分かりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る