劣悪環境の県営球場も平気 ヤクルト“神宮慣れ”が快勝呼ぶ

公開日: 更新日:

 12日、ヤクルトは県営大宮球場での西武戦に臨んだ。15時すぎには雨脚が強くなり、ビジターのヤクルトは雨中で打撃練習を始めるも、グラウンドコンディションが悪化。青木やバレンティンなど1組目が終わると、練習場所を室内に切り替えた。

 ところが、この室内練習場がすごかった。場所は三塁側のブルペン。扉から中をのぞくと、ネットが何重にも張りめぐらされている。狭過ぎるから報道陣は中に入ることができない。練習を終えた川端は、苦笑いしてこう言った。

「ひどい。あそこじゃ練習できない。傾斜というか、とにかく平らじゃない。(右足を投手寄りに出して傾くポーズを取り)こうなっちゃうから、打てたもんじゃないです」

 宮出打撃コーチも「ネットが打者に近すぎて打球が左右に飛ばない。打っても打球方向が分かりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る