• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍はゲレーロ復帰まで? 巨人アダメスは現守護神がライバル

 16日に育成から支配下登録され、即一軍に合流したアダメス(23)。

 ゲレーロが15日にコンディション不良によって登録抹消となったことで昇格のチャンスが巡ってきたが、ここまで登板はゼロ。ゲレーロが最短となる25日に一軍復帰すれば、代わりに降格するとみられている。

 ただ、「それではもったいない」との声もチーム内にはある。最速157キロを誇るアダメスは今季、二軍で抑えとして19試合に登板、1勝1敗11セーブ、防御率2.18。20.2回で20奪三振。年を追うごとに成長を見せている。

 それにひきかえ、現守護神のカミネロは1勝1敗11セーブも、防御率4.19とからっきし。セットアッパーの上原も不調だ。チームが優勝争いに加わるには、救援強化が必要不可欠。ゲレーロ不在の間にリリーバーとしてアピールできるか。惜しむらくはその時間があまり残されていないことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る