2選手の全裸騒動後に快勝…巨人がスキャンダルに強い理由

公開日: 更新日:

 巨人はスキャンダルに強いと言われてきた。

 古くは主力投手の登板日漏洩事件で大騒ぎになった1990年はリーグ優勝、日本シリーズ直前に一軍捕手の強制わいせつ致傷が発覚した2000年はリーグ優勝、日本一になった。最近ではドラフト時の契約金超過問題で批判にさらされた12年にもリーグ優勝、日本一。野球賭博が火を噴いた16年も球界全体を揺るがしながら、それでもリーグ2位に入った。

 日頃からファンの注目を集め、メディアのウの目タカの目の視線にさらされる彼らには、批判や不祥事に対する免疫があり、トラブルなんていつものこととシレッと受け流すずうずうしさがある、と言われたものだ。

 14日のスポーツ紙には、「巨人全裸動画 篠原、河野 謹慎処分」という見出しが躍った。前日に明らかになった捕手の河野元貴(27)と投手の篠原慎平(28)による破廉恥騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る