2選手の全裸騒動後に快勝…巨人がスキャンダルに強い理由

公開日:  更新日:

 巨人はスキャンダルに強いと言われてきた。

 古くは主力投手の登板日漏洩事件で大騒ぎになった1990年はリーグ優勝、日本シリーズ直前に一軍捕手の強制わいせつ致傷が発覚した2000年はリーグ優勝、日本一になった。最近ではドラフト時の契約金超過問題で批判にさらされた12年にもリーグ優勝、日本一。野球賭博が火を噴いた16年も球界全体を揺るがしながら、それでもリーグ2位に入った。

 日頃からファンの注目を集め、メディアのウの目タカの目の視線にさらされる彼らには、批判や不祥事に対する免疫があり、トラブルなんていつものこととシレッと受け流すずうずうしさがある、と言われたものだ。

 14日のスポーツ紙には、「巨人全裸動画 篠原、河野 謹慎処分」という見出しが躍った。前日に明らかになった捕手の河野元貴(27)と投手の篠原慎平(28)による破廉恥騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る