2選手の全裸騒動後に快勝…巨人がスキャンダルに強い理由

公開日: 更新日:

 巨人はスキャンダルに強いと言われてきた。

 古くは主力投手の登板日漏洩事件で大騒ぎになった1990年はリーグ優勝、日本シリーズ直前に一軍捕手の強制わいせつ致傷が発覚した2000年はリーグ優勝、日本一になった。最近ではドラフト時の契約金超過問題で批判にさらされた12年にもリーグ優勝、日本一。野球賭博が火を噴いた16年も球界全体を揺るがしながら、それでもリーグ2位に入った。

 日頃からファンの注目を集め、メディアのウの目タカの目の視線にさらされる彼らには、批判や不祥事に対する免疫があり、トラブルなんていつものこととシレッと受け流すずうずうしさがある、と言われたものだ。

 14日のスポーツ紙には、「巨人全裸動画 篠原、河野 謹慎処分」という見出しが躍った。前日に明らかになった捕手の河野元貴(27)と投手の篠原慎平(28)による破廉恥騒動である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  5. 5

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  9. 9

    日本で変異株が…ワクチン効きにくいと指摘の南ア型に酷似

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る