NPBは信頼回復できず…“誤審本塁打”の再試合を認めるべき

公開日: 更新日:

 このままでは後味が悪すぎる。

 去る22日の「誤審ホームラン」もあり、ソフトバンクに2連敗を喫したオリックス。誤審をめぐっては怒り心頭で、「延長十回、同点2死一塁、本塁打を打った中村晃の打席からやりなおせ!」と訴えている。

 抗議を受けたNPBは25日以降に結論を出す予定だが、再試合を行うつもりはなさそうだ。

 しかし、それでは両球団の選手、何よりファンの怒りやモヤモヤは収まらないだろう。

 プロ野球ファンのコジロー氏(漫画家)は「普通に考えれば、再試合にすべき」とこう言う。

「例えば、デーゲームだった24日の試合後でもよかった。時間はたっぷりあったし、新たにお客さんを集めなおす必要もなかった。翌日には試合がないことも両球団にとってはやりやすかったはずです。この1試合の勝敗が、CSに出るか出られないか、優勝か2位かというように、最終的な順位に影響する可能性もある。昔みたいにビデオ判定がなければ、『よくわからんから仕方がない』で済むが、今回の件は誤審ということが明らかになっているわけですから。きちんと決着をつけるべきです」

 24日は延長十二回を戦った両軍だが、仮に再試合を行うといっても延長十回からだ。スピーディーな対応を怠ったNPBは信頼を回復する絶好の機会を失った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去