ファンもズブ濡れ 雨中の“泥試合”招いたNPBの理不尽規約

公開日:

 まさに“泥試合”だった。15日の2位阪神と3位DeNAによるCSファーストステージ第2戦(甲子園)は、強い雨が降りしきる中、DeNAが21安打13得点で阪神に圧勝した。

 グラウンド整備のため試合は62分遅れで開始。天気が好転する気配のない中で強行された。投手はマウンドの整備を再三要求し、試合はそのたびに中断した。黒土の内野グラウンドは完全に水浸しで、バントを転がせばボールは泥に取られて前に転がらない。照明が水面に反射して目がチカチカする。

 七回に決勝打を放ったDeNA筒香は、五回の打席で頭部付近の投球をよけた拍子にグラウンドに転倒し、そのままズルッと数十センチも横滑り。ユニホームを泥まみれにしながら打ち返した。

■金本監督「選手に申し訳ない」

 1勝1敗のタイとなった阪神の金本監督は「普段なら中止になるような試合で、選手には気の毒で申し訳ない気持ちだった」と話したように、選手はケガの恐怖と背中合わせでプレーするから、そもそも“野球”にならない。雨が降って冷え込む中、カッパを着て応援し続けた観客も気の毒だ。こんな劣悪な環境で試合を強行せざるを得ない状況をつくったのは、ムチャクチャな規約を作ったNPBにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る