初の無得点ドロー フランス“無気力試合”の先に見据える敵

公開日: 更新日:

 会場はブーイングに包まれた。今大会初のスコアレスドロー。フランスは1位、デンマークは2位で決勝トーナメント進出を決めたが、サポーターの表情は不完全燃焼そのものだった。

 フランスはすでに決勝トーナメント進出が決定していたため、背番号10を背負うFWエムバペ(19=パリサンジェルマン)とイエローカードをもらっているMFポグバ(25=マンチェスターU)を温存。エムバペは後半33分に投入したが、後半23分にはエースFWグリーズマン(27=Aマドリード)を下げたうえ、後半は雑なパス回しや消極的なプレーに終始した。

 デンマークも、同時刻の試合でオーストラリアがペルーに勝った場合のみ敗退の可能性が残されていたが、前半18分にペルーが先制。ハーフタイムにそれを確認したのか、後半は時間稼ぎのプレーが目立った。

 露骨な予定調和の“無気力試合”。W杯1次リーグ最終節では珍しくないこととはいえ、今大会開幕から更新を続けていたW杯の「連続得点試合記録」が36試合でストップ。過去最長記録だった1954年スイス大会の26試合を上回り、専門家から「最もエキサイティングなW杯」と称されていたロシア大会に水を差した格好である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る