• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国企業が宣伝ジャックするW杯で「レグザ」広告のなぜ?

 24日のセネガル戦では深夜帯にもかかわらず、視聴率30.9%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)という高い数字をマークし、俄然盛り上がりを見せているサッカーW杯。日本選手がゴールを追う姿に一喜一憂する中で「あれは」と目を奪われる表示が……。ピッチサイドの広告看板に〈REGZA 4Kレグザ〉〈日本初 BS/CS 4K内蔵テレビ レグザ誕生〉と漢字とひらがな、それにカタカナ入り交じりの日本語が映し出されたのだ。

 今大会は中国代表チームは出場していないのに中国企業の広告が目立つ。世界で宣伝活動できる主要スポンサー全12社のうち、3分の1の4社が中国企業というありさまだ。中国メディアなどによると、W杯開催中の中国企業による広告支出は8億3500万ドル(約920億円)で世界ナンバーワン。2位の米国(4億ドル)や開催国のロシア(6400万ドル)が足元にも及ばないチャイナマネーを投入しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る