スウェーデンW杯決勝T行き後押し 女性大臣ユニ姿が急拡散

公開日:

 24日に行われたサッカーW杯、グループFのドイツ対スウェーデンの試合。

 後半、スウェーデンのMFジミー・ドゥルマズ(29)が、ドイツのFWティモ・ヴェルナー(22)をファールで倒してしまい、フリーキックを与えてしまった。それが決勝点となり、スウェーデンは2-1で痛恨の敗北を喫してしまった。

 BBC(28日付電子版)によると、試合後、ドゥルマズのインスタグラムには批判が殺到。“戦犯”扱いはもちろんのこと、彼の両親がトルコの少数民族アッシリア人で移民であることから、人種差別的な罵詈雑言、果ては殺人予告まで現れた。

 ドゥルマズは「私を脅迫したり、テロリスト呼ばわりするのは、いくらなんでもやりすぎだ。私はスウェーデン代表であることに誇りを持っているし、人種差別主義者たちにこの誇りを傷つけることはできない。みんな、人種差別は拒絶すべきだ」とコメントを発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る