誰が? 道のド真ん中に住宅放置の“ミステリー”に全米爆笑

公開日:

「俺たちの家、道のド真ん中に(Our house, in the middle of our street)」

 英国のポップバンド「マッドネス」の1980年代初めの大ヒット曲「アワ・ハウス」の中で繰り返し歌われるフレーズ。まさにそのものズバリの“事件”が米デラウェア州で起きた。

 AP通信(27日付電子版)によると、何者かが同州ドーバーの2車線の道路ロングポイントロードに住宅を運んできて放置した。トレーラーハウスではなく、プレハブ式の平屋の建物だ。

 ドーバー市警は27日、現場の写真をフェイスブックに投稿。今のところ手掛かりはゼロのようで、「いや、これはジョークではありません。水曜日(27日)現在、持ち主が判明しないので撤去できない状況です。従ってロングポイントロードは封鎖します。通知があるまで、う回路をご使用ください」と住民に呼び掛けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る