審判団はセネガル ベルギー戦で日本を待ち受ける意趣返し

公開日:

 審判だって人間だ。母国を奈落の底に突き落とした国へのジャッジが辛くなったとしても不思議ではない。

 日本時間3日午前3時スタートの日本対ベルギー戦の主審と副審、計3人の審判をセネガル人が務めることに関してだ。

 日本は1次リーグH組の最終戦で勝ち点、得失点差、総得点で並んだセネガルを、フェアプレーポイントで上回って決勝トーナメント進出を決めた。警告2つの僅差を守るため、負けているにもかかわらず試合終盤、自陣でボール回しをして時間稼ぎ。その行為は試合会場はもちろん、世界中からブーイングを浴びた。

 日本の姑息な戦術がなければ決勝Tに進出していたかもしれないセネガルの審判が、あろうことか日本戦の笛を吹くことになった。

 FIFAのコッリーナ審判委員会会長は「レフェリーはどこの国の試合でも公平に裁けるだけの技術と独立性を有している」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る