審判団はセネガル ベルギー戦で日本を待ち受ける意趣返し

公開日:

 審判だって人間だ。母国を奈落の底に突き落とした国へのジャッジが辛くなったとしても不思議ではない。

 日本時間3日午前3時スタートの日本対ベルギー戦の主審と副審、計3人の審判をセネガル人が務めることに関してだ。

 日本は1次リーグH組の最終戦で勝ち点、得失点差、総得点で並んだセネガルを、フェアプレーポイントで上回って決勝トーナメント進出を決めた。警告2つの僅差を守るため、負けているにもかかわらず試合終盤、自陣でボール回しをして時間稼ぎ。その行為は試合会場はもちろん、世界中からブーイングを浴びた。

 日本の姑息な戦術がなければ決勝Tに進出していたかもしれないセネガルの審判が、あろうことか日本戦の笛を吹くことになった。

 FIFAのコッリーナ審判委員会会長は「レフェリーはどこの国の試合でも公平に裁けるだけの技術と独立性を有している」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る