日本はどう戦う ベルギーの要注意人物を鈴木良平氏が解説

公開日: 更新日:

 日本が7月3日(午前3時キックオフ)の決勝トーナメント1回戦で対戦するベルギーは、何といってもFIFA世界ランク3位の強豪である。欧州最強ベルギーは一体、どんなチームで要注意人物は誰か? 

 ドイツサッカー協会S級ライセンスを持つ鈴木良平氏は、「マンチェスターC所属のMFデブルイネ(26)がトップ下ではなく、ボランチでプレーしていること自体、ベルギーの強さを物語っている」とさらに続ける。

「デブルイネの持ち味は、相手GKとDFの守りづらいポイントにズバッとグラウンダーのボールを供給してくると思えば、機を見てカットインして中央に入り込んで強烈シュートを放ってくるところ。相手守備陣にしてみたら、実にイヤな選手です。そのデブルイネを攻撃的ポジションから追いやったFWメルテンス(31=ナポリ)、背番号10を背負ったMFのE・アザール(27=チェルシー)らタレントの宝庫です。1989~91年生まれで黄金世代と呼ばれた選手がピークを迎え、2014年ブラジルW杯、16年ユーロを経て完成度の高いチームで乗り込んできた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る