日本はどう戦う ベルギーの要注意人物を鈴木良平氏が解説

公開日:

 日本が7月3日(午前3時キックオフ)の決勝トーナメント1回戦で対戦するベルギーは、何といってもFIFA世界ランク3位の強豪である。欧州最強ベルギーは一体、どんなチームで要注意人物は誰か? 

 ドイツサッカー協会S級ライセンスを持つ鈴木良平氏は、「マンチェスターC所属のMFデブルイネ(26)がトップ下ではなく、ボランチでプレーしていること自体、ベルギーの強さを物語っている」とさらに続ける。

「デブルイネの持ち味は、相手GKとDFの守りづらいポイントにズバッとグラウンダーのボールを供給してくると思えば、機を見てカットインして中央に入り込んで強烈シュートを放ってくるところ。相手守備陣にしてみたら、実にイヤな選手です。そのデブルイネを攻撃的ポジションから追いやったFWメルテンス(31=ナポリ)、背番号10を背負ったMFのE・アザール(27=チェルシー)らタレントの宝庫です。1989~91年生まれで黄金世代と呼ばれた選手がピークを迎え、2014年ブラジルW杯、16年ユーロを経て完成度の高いチームで乗り込んできた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る