英メディアが酷評 早々とW杯を去った看板倒れのスターたち

公開日:

 ベスト16が出揃ったW杯。英公共放送「BBC」はユーザー投票で1次リーグ終了時点でのワーストプレーヤーを発表した。上位を独占したのは、史上初めて決勝トーナメント進出を逃したドイツ勢だ。

 1位のMFケディラ(31=ユベントス)を筆頭に、3位にMFミュラー(28=Bミュンヘン)、4位にFWウェルナー(22=ライプチヒ)と続き、6位にMFゴレツカ(23=シャルケ)、7位に4失点のGKノイアー(32=Bミュンヘン)、8位にDFフンメルス(29=Bミュンヘン)とズラリである。

 ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏は、この選手を挙げた。

「MFエジル(29=アーセナル)ですね。トップ下として期待されながら、まったく仕事ができていなかった。1次リーグ敗退の戦犯のひとりでしょう。エジルの魅力はアイデア豊富で相手が予想もできないキラーパス。今回のW杯では並のプレー以下で、パスミスも多かった。1戦目の出来が悪くて国内から批判され、2戦目で外されたのですが、3戦目で再び起用された。それでも初戦とパフォーマンスは何も変わっていませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る