• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田嶋会長が再びロシアへ クリンスマンと現地で電撃接触も

 日本協会の田嶋幸三会長(60)が、次期日本代表監督の有力候補とされる元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏(53)と、ロシアで電撃交渉する可能性が浮上した。決勝トーナメント1回戦で敗退した日本代表とともに帰国した田嶋会長がW杯準決勝、決勝を視察するため再びロシア入りすることが判明。テレビ解説のため現地に滞在中のクリンスマン氏と接触するのではないかとの見方が広がっている。

 もっとも、次期監督の人選を巡っては日本協会内でも意見が分裂している状態だ。外国人監督招聘案と日本人指揮官擁立案で割れていて、「クリンスマン氏もまだ外国人候補者の最右翼という立場に過ぎない」とする協会関係者もいるのだ。

 6日には、ラジオ番組に出演した元西ドイツ代表FWのリトバルスキー氏(58)が、「3週間前に(クリンスマン氏と)話をした。彼は日本代表監督に興味を持っていたよ」と証言したが、興味を持っているだけなら、世界中にゴマンといる。

 次期監督の選定は20日に開かれる技術委員会がひとつのメドとされる中、まだ予断を許さない状況が続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る