田嶋会長が再びロシアへ クリンスマンと現地で電撃接触も

公開日:

 日本協会の田嶋幸三会長(60)が、次期日本代表監督の有力候補とされる元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏(53)と、ロシアで電撃交渉する可能性が浮上した。決勝トーナメント1回戦で敗退した日本代表とともに帰国した田嶋会長がW杯準決勝、決勝を視察するため再びロシア入りすることが判明。テレビ解説のため現地に滞在中のクリンスマン氏と接触するのではないかとの見方が広がっている。

 もっとも、次期監督の人選を巡っては日本協会内でも意見が分裂している状態だ。外国人監督招聘案と日本人指揮官擁立案で割れていて、「クリンスマン氏もまだ外国人候補者の最右翼という立場に過ぎない」とする協会関係者もいるのだ。

 6日には、ラジオ番組に出演した元西ドイツ代表FWのリトバルスキー氏(58)が、「3週間前に(クリンスマン氏と)話をした。彼は日本代表監督に興味を持っていたよ」と証言したが、興味を持っているだけなら、世界中にゴマンといる。

 次期監督の選定は20日に開かれる技術委員会がひとつのメドとされる中、まだ予断を許さない状況が続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る