“過去の人”評価が一転…西野監督にJリーグからラブコール

公開日:

 帰国した日本代表を約800人のサポーターが到着ロビーで出迎えた。出国時の約5倍。西野監督が先頭で姿を現すと、一斉にカメラのフラッシュがたかれ、ひときわ大きな歓声があがった。

「西野さんにJリーグの複数クラブが監督就任オファーを出すという話があります。今ロシアW杯の“1勝1分け2敗で16強進出”という結果は評価の分かれるところですが、間違いないのは西野人気が全国区になったこと。あるテレビ局の“支持率調査”では、96%が西野続投を支持と出るほどですからね。2014年に出版した著書も初版7000部が、このW杯で増刷を重ねて計2万5000部になったそう。経営の苦しいクラブにしてみれば、人気だけでも魅力的な存在です」(サッカー記者)

 柏、G大阪などで指揮を執った西野監督は、計17年間の監督生活で通算270勝(91分け164敗)。Jリーグの最多勝利記録を持っている。だが、G大阪監督を9シーズンで退任して以降は、神戸監督をわずか6カ月で解任。名古屋でも結果を残せずに、2年でクラブを去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る