オカルト好き? 次期監督候補クリンスマン“奇人変人”伝説

公開日:

 西野ジャパンがロシアW杯の1次リーグを突破したことで「西野監督留任。9月からのキリンチャレンジ杯6試合も指揮する」ともっぱらだったが、決勝トーナメント1回戦敗退が決まった翌3日から元ドイツ、元アメリカ代表監督のクリンスマン(53)の名前が、次期日本代表監督有力候補として、しきりと取り沙汰されるようになった。

 1964年7月30日、ドイツ南部ゲッピンゲン生まれ。現役時代はドイツのBミュンヘン、フランスのモナコ、イタリアのインテルといった強豪クラブでプレーした。身長182センチ、体重73キロの恵まれたフィジカルを武器にゴール前でチャンスを虎視眈々と狙い、金髪を振り乱しながらシュートに持ち込んでいく。洗練されたビジュアルとは好対照。泥臭いタイプのストライカーだった。

 W杯には90、94、98年と3大会連続出場。通算11得点を挙げている。98年に現役を引退。米国カリフォルニア州に移り住み、美人アメリカ人モデルと結婚した。億万長者なのに徹底した質素倹約主義。髪形やファッションなど興味を示さず、車もドイツの大衆車の中古を乗り回していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る