オカルト好き? 次期監督候補クリンスマン“奇人変人”伝説

公開日: 更新日:

 西野ジャパンがロシアW杯の1次リーグを突破したことで「西野監督留任。9月からのキリンチャレンジ杯6試合も指揮する」ともっぱらだったが、決勝トーナメント1回戦敗退が決まった翌3日から元ドイツ、元アメリカ代表監督のクリンスマン(53)の名前が、次期日本代表監督有力候補として、しきりと取り沙汰されるようになった。

 1964年7月30日、ドイツ南部ゲッピンゲン生まれ。現役時代はドイツのBミュンヘン、フランスのモナコ、イタリアのインテルといった強豪クラブでプレーした。身長182センチ、体重73キロの恵まれたフィジカルを武器にゴール前でチャンスを虎視眈々と狙い、金髪を振り乱しながらシュートに持ち込んでいく。洗練されたビジュアルとは好対照。泥臭いタイプのストライカーだった。

 W杯には90、94、98年と3大会連続出場。通算11得点を挙げている。98年に現役を引退。米国カリフォルニア州に移り住み、美人アメリカ人モデルと結婚した。億万長者なのに徹底した質素倹約主義。髪形やファッションなど興味を示さず、車もドイツの大衆車の中古を乗り回していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る