• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オカルト好き? 次期監督候補クリンスマン“奇人変人”伝説

 西野ジャパンがロシアW杯の1次リーグを突破したことで「西野監督留任。9月からのキリンチャレンジ杯6試合も指揮する」ともっぱらだったが、決勝トーナメント1回戦敗退が決まった翌3日から元ドイツ、元アメリカ代表監督のクリンスマン(53)の名前が、次期日本代表監督有力候補として、しきりと取り沙汰されるようになった。

 1964年7月30日、ドイツ南部ゲッピンゲン生まれ。現役時代はドイツのBミュンヘン、フランスのモナコ、イタリアのインテルといった強豪クラブでプレーした。身長182センチ、体重73キロの恵まれたフィジカルを武器にゴール前でチャンスを虎視眈々と狙い、金髪を振り乱しながらシュートに持ち込んでいく。洗練されたビジュアルとは好対照。泥臭いタイプのストライカーだった。

 W杯には90、94、98年と3大会連続出場。通算11得点を挙げている。98年に現役を引退。米国カリフォルニア州に移り住み、美人アメリカ人モデルと結婚した。億万長者なのに徹底した質素倹約主義。髪形やファッションなど興味を示さず、車もドイツの大衆車の中古を乗り回していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る