• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オカルト好き? 次期監督候補クリンスマン“奇人変人”伝説

 西野ジャパンがロシアW杯の1次リーグを突破したことで「西野監督留任。9月からのキリンチャレンジ杯6試合も指揮する」ともっぱらだったが、決勝トーナメント1回戦敗退が決まった翌3日から元ドイツ、元アメリカ代表監督のクリンスマン(53)の名前が、次期日本代表監督有力候補として、しきりと取り沙汰されるようになった。

 1964年7月30日、ドイツ南部ゲッピンゲン生まれ。現役時代はドイツのBミュンヘン、フランスのモナコ、イタリアのインテルといった強豪クラブでプレーした。身長182センチ、体重73キロの恵まれたフィジカルを武器にゴール前でチャンスを虎視眈々と狙い、金髪を振り乱しながらシュートに持ち込んでいく。洗練されたビジュアルとは好対照。泥臭いタイプのストライカーだった。

 W杯には90、94、98年と3大会連続出場。通算11得点を挙げている。98年に現役を引退。米国カリフォルニア州に移り住み、美人アメリカ人モデルと結婚した。億万長者なのに徹底した質素倹約主義。髪形やファッションなど興味を示さず、車もドイツの大衆車の中古を乗り回していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る