• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米紙が特集記事で警鐘…代表監督候補クリンスマンの悪評

 日本代表の次期監督就任が有力視されるユルゲン・クリンスマン氏(53=ドイツ)の手腕を疑問視する声が世界からも聞こえてきた。

 米全国紙「USA TODAY」は6日(日本時間7日)、2016年11月に米国代表監督を解任されたクリンスマン氏について、「今大会で16強入りを果たした日本のようなチームを率いる指揮官ではない」とする特集記事を掲載。クリンスマン氏は母国代表を率いて06年ドイツW杯で3位、14年ブラジルW杯では米国代表を16強に導いた実績を評価しながらも、ロシアW杯の北中米カリブ海予選でメキシコ、コスタリカ相手に連敗、地区予選2試合を終えただけで解任された。記事では米国が本大会出場を逃したのも「諸悪の根源は全てクリンスマンにある」と痛烈に批判している。

 同紙によれば、米国代表の歴代最多得点記録(57)を持つFWドノバン(36=レオン)をメンバーから外して若手を抜擢するなど、大胆な選手選考を行ったが、単なる自分の好き嫌いでチームを編成したにすぎなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る