大城先発で「専属女房」剥奪…巨人小林が菅野と“離婚”危機

公開日:

 6日の広島戦、先発した菅野智之(28)の女房役を務めたのはルーキーの大城卓三(25=NTT西日本)だった。今季、菅野が登板した全14試合でスタメンマスクを任されてきた小林誠司(29)は、15試合目で初のベンチスタートとなった。

 当日の練習中にスタメンマスクを告げられた大城はガチガチに緊張。それを見た菅野は試合前、ベンチ裏で「打たれたらオレの責任。オレが責任を取るから、思い切ってリードしてほしい」と言った。結果は8回無失点。先月28日、広島相手に5回4失点と打ち込まれた試合との差は歴然だった。

 それにしても、なぜこの日は最愛の女房である小林とバッテリーを組まなかったのか。

 昨季、菅野と小林は最優秀バッテリー賞を受賞。2人は同級生だが、プロ入りは菅野が1年早い。入団以降、菅野は「確認事項は覚えておいてほしい」と小林への厳しい言葉を隠そうとしなかった。それでも菅野は小林の成長を、小林は菅野への感謝を口にしていたが、今季は少し様子が違ったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る