• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大城先発で「専属女房」剥奪…巨人小林が菅野と“離婚”危機

 6日の広島戦、先発した菅野智之(28)の女房役を務めたのはルーキーの大城卓三(25=NTT西日本)だった。今季、菅野が登板した全14試合でスタメンマスクを任されてきた小林誠司(29)は、15試合目で初のベンチスタートとなった。

 当日の練習中にスタメンマスクを告げられた大城はガチガチに緊張。それを見た菅野は試合前、ベンチ裏で「打たれたらオレの責任。オレが責任を取るから、思い切ってリードしてほしい」と言った。結果は8回無失点。先月28日、広島相手に5回4失点と打ち込まれた試合との差は歴然だった。

 それにしても、なぜこの日は最愛の女房である小林とバッテリーを組まなかったのか。

 昨季、菅野と小林は最優秀バッテリー賞を受賞。2人は同級生だが、プロ入りは菅野が1年早い。入団以降、菅野は「確認事項は覚えておいてほしい」と小林への厳しい言葉を隠そうとしなかった。それでも菅野は小林の成長を、小林は菅野への感謝を口にしていたが、今季は少し様子が違ったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る