糸井離脱、メッセ乱調…金本監督「借金返済計画」に大誤算

公開日:

 のっけからぶち壊しである。13日開幕のオールスターまで9連戦の阪神。金本監督のアタマにあるのは球宴までの借金の完済だ。

 ところが、9連戦の初戦となる3日、エースのメッセンジャーが5回3分の2を自己ワーストの10失点KO。まさかの大乱調で黒星発進となった。前日まで阪神の借金は「2」。この日から9試合で6勝3敗以上なら完済できる計算だが、いきなりの大敗では幸先が悪い。

 交流戦後の広島戦で3連敗したものの、DeNA、ヤクルトとの2カードは低調だった打線が爆発して5勝1敗。6試合で47得点したが、30失点と投手陣には疲れが見えてきた。

 この日は打線を牽引してきた糸井が右足腓骨骨折で離脱。ここまで全試合に先発し、打率・301、10本塁打、40打点、15盗塁はいずれもチームトップだった。打線の核が長期離脱となれば、ペナント終盤はこれまで以上に苦戦を強いられる。

 甲子園では1分けを挟んで6連敗の阪神。

「いつものメッセとはちょっと違った」と漏らした金本監督。投打で誤算が生じたこの先、ファンは指揮官のベンチワークに注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る