• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

糸井離脱、メッセ乱調…金本監督「借金返済計画」に大誤算

 のっけからぶち壊しである。13日開幕のオールスターまで9連戦の阪神。金本監督のアタマにあるのは球宴までの借金の完済だ。

 ところが、9連戦の初戦となる3日、エースのメッセンジャーが5回3分の2を自己ワーストの10失点KO。まさかの大乱調で黒星発進となった。前日まで阪神の借金は「2」。この日から9試合で6勝3敗以上なら完済できる計算だが、いきなりの大敗では幸先が悪い。

 交流戦後の広島戦で3連敗したものの、DeNA、ヤクルトとの2カードは低調だった打線が爆発して5勝1敗。6試合で47得点したが、30失点と投手陣には疲れが見えてきた。

 この日は打線を牽引してきた糸井が右足腓骨骨折で離脱。ここまで全試合に先発し、打率・301、10本塁打、40打点、15盗塁はいずれもチームトップだった。打線の核が長期離脱となれば、ペナント終盤はこれまで以上に苦戦を強いられる。

 甲子園では1分けを挟んで6連敗の阪神。

「いつものメッセとはちょっと違った」と漏らした金本監督。投打で誤算が生じたこの先、ファンは指揮官のベンチワークに注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る