糸井離脱、メッセ乱調…金本監督「借金返済計画」に大誤算

公開日:

 のっけからぶち壊しである。13日開幕のオールスターまで9連戦の阪神。金本監督のアタマにあるのは球宴までの借金の完済だ。

 ところが、9連戦の初戦となる3日、エースのメッセンジャーが5回3分の2を自己ワーストの10失点KO。まさかの大乱調で黒星発進となった。前日まで阪神の借金は「2」。この日から9試合で6勝3敗以上なら完済できる計算だが、いきなりの大敗では幸先が悪い。

 交流戦後の広島戦で3連敗したものの、DeNA、ヤクルトとの2カードは低調だった打線が爆発して5勝1敗。6試合で47得点したが、30失点と投手陣には疲れが見えてきた。

 この日は打線を牽引してきた糸井が右足腓骨骨折で離脱。ここまで全試合に先発し、打率・301、10本塁打、40打点、15盗塁はいずれもチームトップだった。打線の核が長期離脱となれば、ペナント終盤はこれまで以上に苦戦を強いられる。

 甲子園では1分けを挟んで6連敗の阪神。

「いつものメッセとはちょっと違った」と漏らした金本監督。投打で誤算が生じたこの先、ファンは指揮官のベンチワークに注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る