権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神・金本監督は現役時代と同じで一生懸命に過ぎる

公開日: 更新日:

 プレーをするのは選手と割り切り、彼らをグラウンドに送り出したら、あとはじっと見守り、信じて我慢するのが監督の一番の仕事――これが私の持論だが、そういう物差しで見ると、阪神金本知憲監督(50)の評価はどうしても厳しいものになってしまう。

 決して戦力がないわけではない。近代野球におけるペナント制覇の大きな条件となる「七回以降の投手力」を考えれば、阪神はむしろ、戦力的に頭一つ抜けていると言っていい。勝ち試合を担う桑原、マテオ、ドリスの並びはリーグ屈指。両外国人に故障のアクシデントがあったとはいえ、それを能見と藤川が補うという豪華な陣容だ。

 にもかかわらず、首位の広島を除くセのダンゴ状態にのみ込まれている。リーグトップのチーム防御率(3・54=28日現在)に対し、チーム打率はリーグワースト(・239)。打線が足を引っ張っているのは数字を見れば一目瞭然だが、この貧打が何に起因するものなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  5. 5

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

もっと見る