松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で死球 ぶつけた松坂とぶつけられた中田の会話を妄想

公開日: 更新日:

 今年のオールスターゲームで中田翔松坂大輔に死球を当てられた。骨には異常がなかったらしいが第2戦は大事を取って欠場した。ハムびいきとしては心配してる。大田泰示が死球で辞退したところへ球宴本番で中田が死球じゃシャレにならん。

 試合後LINEで中田と松坂、こんなやりとりをしてたんじゃないかと妄想する。

「せんぱ~い、かんべんしてくださいよ~、痛いっすよ」

「わりいわりい」

「ちょっと手加減してくれてもいいじゃないっすかぁ、お祭りなんだから」

「手元が滑ったんだよ、わりいわりい」

「こう言っちゃなんですけどぉ、先輩はぁ、人気投票で40万票なんすからね。オレなんか今年は気合入れてんのに監督推薦っすよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る