松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で死球 ぶつけた松坂とぶつけられた中田の会話を妄想

公開日:

 今年のオールスターゲームで中田翔が松坂大輔に死球を当てられた。骨には異常がなかったらしいが第2戦は大事を取って欠場した。ハムびいきとしては心配してる。大田泰示が死球で辞退したところへ球宴本番で中田が死球じゃシャレにならん。

 試合後LINEで中田と松坂、こんなやりとりをしてたんじゃないかと妄想する。

「せんぱ~い、かんべんしてくださいよ~、痛いっすよ」

「わりいわりい」

「ちょっと手加減してくれてもいいじゃないっすかぁ、お祭りなんだから」

「手元が滑ったんだよ、わりいわりい」

「こう言っちゃなんですけどぉ、先輩はぁ、人気投票で40万票なんすからね。オレなんか今年は気合入れてんのに監督推薦っすよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る