松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で死球 ぶつけた松坂とぶつけられた中田の会話を妄想

公開日: 更新日:

 今年のオールスターゲームで中田翔松坂大輔に死球を当てられた。骨には異常がなかったらしいが第2戦は大事を取って欠場した。ハムびいきとしては心配してる。大田泰示が死球で辞退したところへ球宴本番で中田が死球じゃシャレにならん。

 試合後LINEで中田と松坂、こんなやりとりをしてたんじゃないかと妄想する。

「せんぱ~い、かんべんしてくださいよ~、痛いっすよ」

「わりいわりい」

「ちょっと手加減してくれてもいいじゃないっすかぁ、お祭りなんだから」

「手元が滑ったんだよ、わりいわりい」

「こう言っちゃなんですけどぉ、先輩はぁ、人気投票で40万票なんすからね。オレなんか今年は気合入れてんのに監督推薦っすよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る