松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で死球 ぶつけた松坂とぶつけられた中田の会話を妄想

公開日:

 今年のオールスターゲームで中田翔が松坂大輔に死球を当てられた。骨には異常がなかったらしいが第2戦は大事を取って欠場した。ハムびいきとしては心配してる。大田泰示が死球で辞退したところへ球宴本番で中田が死球じゃシャレにならん。

 試合後LINEで中田と松坂、こんなやりとりをしてたんじゃないかと妄想する。

「せんぱ~い、かんべんしてくださいよ~、痛いっすよ」

「わりいわりい」

「ちょっと手加減してくれてもいいじゃないっすかぁ、お祭りなんだから」

「手元が滑ったんだよ、わりいわりい」

「こう言っちゃなんですけどぉ、先輩はぁ、人気投票で40万票なんすからね。オレなんか今年は気合入れてんのに監督推薦っすよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る