• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で死球 ぶつけた松坂とぶつけられた中田の会話を妄想

 今年のオールスターゲームで中田翔が松坂大輔に死球を当てられた。骨には異常がなかったらしいが第2戦は大事を取って欠場した。ハムびいきとしては心配してる。大田泰示が死球で辞退したところへ球宴本番で中田が死球じゃシャレにならん。

 試合後LINEで中田と松坂、こんなやりとりをしてたんじゃないかと妄想する。

「せんぱ~い、かんべんしてくださいよ~、痛いっすよ」

「わりいわりい」

「ちょっと手加減してくれてもいいじゃないっすかぁ、お祭りなんだから」

「手元が滑ったんだよ、わりいわりい」

「こう言っちゃなんですけどぉ、先輩はぁ、人気投票で40万票なんすからね。オレなんか今年は気合入れてんのに監督推薦っすよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る