松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

たった2日で三行半 「冬眠亀さん人事」なき栄前監督のクビ

公開日:

 トップ交代の時、「自ら責任を取りたいと申し出た」なんて言う国だ。裏じゃ「まあ、ひとつ、ここは、角が立たないようにサ、キミの方から、こう、申し出るっていう形を、とってくれれば、万事うまく事が運ぶわけでサ、ま、後々キミの経歴に傷がつかないように、ね、ま、いろいろ面倒も見るからサ」なんて斜め後ろから肩叩かれて、「ホントですね? ほんじゃま、そういうことで」ト。改ざん事務次官もセクハラ事務次官もコレだな。

 実際はクビなんだが、体裁は本人の申し出としといて穏便に事を済ます。日大アメフット前監督も同じ。ちいとばかし肩をすぼめて冬を越せばゴソゴソ動き出す。これを日本では「冬眠亀さん人事」と言う(って実ぁ今考えた)。

 楽天の梨田監督は潔く「不振で辞めるのは当たり前」と公言したが、それを球団側が、「というお申し出がありましたので、決意も固く、お受けすることとしました」なんて、要はクビなんだが、めんどくせえ国だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る