松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

たった2日で三行半 「冬眠亀さん人事」なき栄前監督のクビ

公開日: 更新日:

 トップ交代の時、「自ら責任を取りたいと申し出た」なんて言う国だ。裏じゃ「まあ、ひとつ、ここは、角が立たないようにサ、キミの方から、こう、申し出るっていう形を、とってくれれば、万事うまく事が運ぶわけでサ、ま、後々キミの経歴に傷がつかないように、ね、ま、いろいろ面倒も見るからサ」なんて斜め後ろから肩叩かれて、「ホントですね? ほんじゃま、そういうことで」ト。改ざん事務次官もセクハラ事務次官もコレだな。

 実際はクビなんだが、体裁は本人の申し出としといて穏便に事を済ます。日大アメフット前監督も同じ。ちいとばかし肩をすぼめて冬を越せばゴソゴソ動き出す。これを日本では「冬眠亀さん人事」と言う(って実ぁ今考えた)。

 楽天の梨田監督は潔く「不振で辞めるのは当たり前」と公言したが、それを球団側が、「というお申し出がありましたので、決意も固く、お受けすることとしました」なんて、要はクビなんだが、めんどくせえ国だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る