• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

たった2日で三行半 「冬眠亀さん人事」なき栄前監督のクビ

 トップ交代の時、「自ら責任を取りたいと申し出た」なんて言う国だ。裏じゃ「まあ、ひとつ、ここは、角が立たないようにサ、キミの方から、こう、申し出るっていう形を、とってくれれば、万事うまく事が運ぶわけでサ、ま、後々キミの経歴に傷がつかないように、ね、ま、いろいろ面倒も見るからサ」なんて斜め後ろから肩叩かれて、「ホントですね? ほんじゃま、そういうことで」ト。改ざん事務次官もセクハラ事務次官もコレだな。

 実際はクビなんだが、体裁は本人の申し出としといて穏便に事を済ます。日大アメフット前監督も同じ。ちいとばかし肩をすぼめて冬を越せばゴソゴソ動き出す。これを日本では「冬眠亀さん人事」と言う(って実ぁ今考えた)。

 楽天の梨田監督は潔く「不振で辞めるのは当たり前」と公言したが、それを球団側が、「というお申し出がありましたので、決意も固く、お受けすることとしました」なんて、要はクビなんだが、めんどくせえ国だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る