松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

“国民え~よ賞”をもらっちまった羽生クンひとつ気張れや

公開日:  更新日:

 羽生結弦が国民栄誉賞受け取っちゃったか? ま、受け取るわな? カンヌ映画祭パルムドールの是枝監督みたく表現の自由のため政権と距離を置く必要もないわけだしな。ま、目立つしな。よかったんでねえかい?

 国民栄誉賞ってのは、「社会に明るい希望と勇気を与えることに顕著な業績があった」論功行賞みてえなもんだ。功を成したスポーツ選手や歌手、よくぞ長年頑張ってこられました、ひとつ栄誉を! てな色合いだったものが、最近じゃ受賞年齢をえらく下げて乱発気味だぁな。乱発するのが落ち目のアベちゃんだったりするからどうにもきな臭い。他の内閣よりはよさそうだからアベちゃんでいいんじゃね? 程度でここんとこ失点が続いてるもんだで「政権浮揚の呼び水」としたくて、若い羽生クンに白羽の矢を! ト。

 世界の盗塁王、福本豊は昔「そんなんもろたら立ち小便もでけへん」と断った。じつにズバリだ。イチローは「まだ現役なので、野球をやめた時にもしいただけるようならば、その時にいただきたく思います」。殊勝な言い回しで断ったが、本音は栄誉賞の後ろにくっ付いて回る「え~よ賞もらったんだからお返しに来てもらうぜ」と金魚のフンみたく連なる付録がめんどくさかったのサ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る