松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

東京五輪マラソンって東京名所めぐり観光レースだろ?

公開日: 更新日:

 東京オリンピックのマラソンコースはさながら「東京名所めぐり」。世界各国に観光立国ニッポンが中継されるんだから、準備も気合が入ろうな。

 どのみち2020年にゃ総理が代わってるから、コース先々のマンホールから「カジノもよろしくね」なんて安倍マリオが飛び出すとは思えんが、都知事はどうにか生き延びて、行く先々で「アスリートファースト!」なんて福笑いみてえなツラ出すが、各国の中継ディレクターも「あのミドリのオバサン邪魔だ」なんて顔にボカシがかけられるだろうから心配するな。

 名所めぐりならいっそ、ボランティアでペースメーカーを買って出た川内優輝は旗かざして拡声器肩から下げて行く先々観光案内、「エ見えてまいりました、浅草、ア雷門、お次は日本で唯一の母子家庭パンダが暮らしております、上野動物園」。

 パンダの帽子かぶった幼稚園児がキャ~~なんて旗振りゃ、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る