松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

東京五輪マラソンって東京名所めぐり観光レースだろ?

公開日:

 東京オリンピックのマラソンコースはさながら「東京名所めぐり」。世界各国に観光立国ニッポンが中継されるんだから、準備も気合が入ろうな。

 どのみち2020年にゃ総理が代わってるから、コース先々のマンホールから「カジノもよろしくね」なんて安倍マリオが飛び出すとは思えんが、都知事はどうにか生き延びて、行く先々で「アスリートファースト!」なんて福笑いみてえなツラ出すが、各国の中継ディレクターも「あのミドリのオバサン邪魔だ」なんて顔にボカシがかけられるだろうから心配するな。

 名所めぐりならいっそ、ボランティアでペースメーカーを買って出た川内優輝は旗かざして拡声器肩から下げて行く先々観光案内、「エ見えてまいりました、浅草、ア雷門、お次は日本で唯一の母子家庭パンダが暮らしております、上野動物園」。

 パンダの帽子かぶった幼稚園児がキャ~~なんて旗振りゃ、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る