富士大・豊田監督に聞く プロ野球選手を次々輩出する秘密

公開日:

 首位を独走する西武。その屋台骨を支える4番の山川穂高(26)、得点圏打率が山川に次ぐリーグ2位の外崎修汰(25)、両リーグトップ6勝で負けなしの多和田真三郎(25)……この3人の共通点は「富士大学出身」ということだ。他にも阪神の小野泰己(23)、広島の中村恭平(29)と5人の現役選手がいる。

 富士大は北東北大学リーグ戦8連覇中。2009年の全日本大学選手権では準優勝を果たし、中央球界を驚かせた。

 全国から生徒が集まり、現在、部員は総勢206人。岩手の地方大学が次から次にプロの主力を生み出す秘密は何か。豊田監督に聞いた。

 ――どんなスカウト活動をしているんですか。

「自ら歩いて回っています。6月に全日本(大学選手権)が終わって、7月は大会がない。その間に集中して見に行きます。甲子園は行ったことないですね。基本は県大会とか高校に足を運ばせてもらう。基本的には自分が見ますけど、カバーしきれないエリアは(外部コーチ3人を含む6人の)コーチに回ってもらっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る