富士大・豊田監督に聞く プロ野球選手を次々輩出する秘密

公開日: 更新日:

 首位を独走する西武。その屋台骨を支える4番の山川穂高(26)、得点圏打率が山川に次ぐリーグ2位の外崎修汰(25)、両リーグトップ6勝で負けなしの多和田真三郎(25)……この3人の共通点は「富士大学出身」ということだ。他にも阪神の小野泰己(23)、広島の中村恭平(29)と5人の現役選手がいる。

 富士大は北東北大学リーグ戦8連覇中。2009年の全日本大学選手権では準優勝を果たし、中央球界を驚かせた。

 全国から生徒が集まり、現在、部員は総勢206人。岩手の地方大学が次から次にプロの主力を生み出す秘密は何か。豊田監督に聞いた。

 ――どんなスカウト活動をしているんですか。

「自ら歩いて回っています。6月に全日本(大学選手権)が終わって、7月は大会がない。その間に集中して見に行きます。甲子園は行ったことないですね。基本は県大会とか高校に足を運ばせてもらう。基本的には自分が見ますけど、カバーしきれないエリアは(外部コーチ3人を含む6人の)コーチに回ってもらっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る