富士大・豊田監督に聞く プロ野球選手を次々輩出する秘密

公開日: 更新日:

 首位を独走する西武。その屋台骨を支える4番の山川穂高(26)、得点圏打率が山川に次ぐリーグ2位の外崎修汰(25)、両リーグトップ6勝で負けなしの多和田真三郎(25)……この3人の共通点は「富士大学出身」ということだ。他にも阪神の小野泰己(23)、広島の中村恭平(29)と5人の現役選手がいる。

 富士大は北東北大学リーグ戦8連覇中。2009年の全日本大学選手権では準優勝を果たし、中央球界を驚かせた。

 全国から生徒が集まり、現在、部員は総勢206人。岩手の地方大学が次から次にプロの主力を生み出す秘密は何か。豊田監督に聞いた。

 ――どんなスカウト活動をしているんですか。

「自ら歩いて回っています。6月に全日本(大学選手権)が終わって、7月は大会がない。その間に集中して見に行きます。甲子園は行ったことないですね。基本は県大会とか高校に足を運ばせてもらう。基本的には自分が見ますけど、カバーしきれないエリアは(外部コーチ3人を含む6人の)コーチに回ってもらっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る