ソーシア監督が調整示唆 大谷はマイナーでも球団に貢献

公開日: 更新日:

 二刀流人気はマイナーにも波及しそうだ。

 右肘靱帯損傷で6月6日(日本時間同7日)のロイヤルズ戦を最後にマウンドから遠ざかっているエンゼルス・大谷翔平(24)。19日にチームドクターによる再検査を受けた結果、投球練習が認められ、すでにキャッチボールを開始。近日中にもブルペン入りする見込みだ。

 ソーシア監督は、いきなり実戦復帰させた打者の時とは異なり「投手としては段階を踏まなければならない」と、マイナーでの調整を示唆した。

 リハビリが順調なら、今季中の復帰を目指して、傘下のマイナー球団で実戦登板する運びとなる。

 大谷がマイナーのマウンドに上がれば、各地のファンの関心を集めるのは必至だ。各球場とも、大谷目当てにファンが押し寄せるだけに、エ軍傘下のマイナー球団には朗報だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る