投球練習再開を発表も…大谷の「二刀流復活」は時期尚早

公開日: 更新日:

 二刀流復帰に向けて一歩前進である。

 エンゼルスは19日(日本時間20日)、右肘靱帯損傷で打者に専念していた大谷翔平(24)が投球練習を再開すると発表。同日、ロサンゼルス市内の病院で患部の再検査を受け、担当したチームドクターから「投球に支障なし」との診断を下された。

 大谷は6月7日に精密検査を受け、右肘内側側副靱帯損傷で故障者リスト(DL)入り。再生治療であるPRP(多血小板血しょう)注射を受け、7月3日のマリナーズ戦で打者として復帰した。

 投手としてのリハビリスケジュールに関しては今後、球団内で検討するという。

 調整が順調なら、今季中に再びマウンドに上がるが、二刀流復活は時期尚早なのではないだろうか。

「今季中に投手として復帰するのは賢明な選択ではありません」とスポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る