• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投球練習再開を発表も…大谷の「二刀流復活」は時期尚早

 二刀流復帰に向けて一歩前進である。

 エンゼルスは19日(日本時間20日)、右肘靱帯損傷で打者に専念していた大谷翔平(24)が投球練習を再開すると発表。同日、ロサンゼルス市内の病院で患部の再検査を受け、担当したチームドクターから「投球に支障なし」との診断を下された。

 大谷は6月7日に精密検査を受け、右肘内側側副靱帯損傷で故障者リスト(DL)入り。再生治療であるPRP(多血小板血しょう)注射を受け、7月3日のマリナーズ戦で打者として復帰した。

 投手としてのリハビリスケジュールに関しては今後、球団内で検討するという。

 調整が順調なら、今季中に再びマウンドに上がるが、二刀流復活は時期尚早なのではないだろうか。

「今季中に投手として復帰するのは賢明な選択ではありません」とスポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る