• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自己ベスト3打更新 小祝さくらの10アンダーはコースの恩恵

【センチュリー21レディース】

 昨年のプロテストに合格した黄金世代のひとり、小祝さくら(20)がトーナメントレコードを更新する62(10アンダー)で単独首位に躍り出た。

 アウト発進の初日は前半に6バーディー(ノーボギー)を奪いターン。折り返して10番パー5は2オンに成功し8メートルを沈めてイーグル。その後も15、16番で連続バーディーを決めた。

 自己ベストを3打も更新した本人もびっくりだ。

「まさか62が出るとは思っていなかったのでびっくりしました。ミスショットも何回か出て危ないところもあったけど、ノーボギーで回れてよかった」

 会場は好スコアが出やすいリゾートゴルフ場として知られる。

「2001年からミズノクラシック(現TOTOジャパンC)の5年連続優勝記録を持つA・ソレンスタムも、瀬田(北C)で行われた02年15アンダー、03年24アンダー、04年22アンダー、05年21アンダーを出しています。距離が短く、ハザードもなくドライバーを打ったら2打目はショートアイアン勝負ですから、選手にはノンプレッシャーです」(ツアー記者)

 小祝の今季ドライバー飛距離は238・88ヤード(32位)、平均ストロークは72・579(ランク42位)と爆発力のある選手ではない。ショットが曲がらず、パットさえ入れば62の好スコアも簡単に出るリゾートコースの恩恵をたっぷり受けたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る