自己ベスト3打更新 小祝さくらの10アンダーはコースの恩恵

公開日: 更新日:

【センチュリー21レディース】

 昨年のプロテストに合格した黄金世代のひとり、小祝さくら(20)がトーナメントレコードを更新する62(10アンダー)で単独首位に躍り出た。

 アウト発進の初日は前半に6バーディー(ノーボギー)を奪いターン。折り返して10番パー5は2オンに成功し8メートルを沈めてイーグル。その後も15、16番で連続バーディーを決めた。

 自己ベストを3打も更新した本人もびっくりだ。

「まさか62が出るとは思っていなかったのでびっくりしました。ミスショットも何回か出て危ないところもあったけど、ノーボギーで回れてよかった」

 会場は好スコアが出やすいリゾートゴルフ場として知られる。

「2001年からミズノクラシック(現TOTOジャパンC)の5年連続優勝記録を持つA・ソレンスタムも、瀬田(北C)で行われた02年15アンダー、03年24アンダー、04年22アンダー、05年21アンダーを出しています。距離が短く、ハザードもなくドライバーを打ったら2打目はショートアイアン勝負ですから、選手にはノンプレッシャーです」(ツアー記者)

 小祝の今季ドライバー飛距離は238・88ヤード(32位)、平均ストロークは72・579(ランク42位)と爆発力のある選手ではない。ショットが曲がらず、パットさえ入れば62の好スコアも簡単に出るリゾートコースの恩恵をたっぷり受けたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る