自己ベスト3打更新 小祝さくらの10アンダーはコースの恩恵

公開日:  更新日:

【センチュリー21レディース】

 昨年のプロテストに合格した黄金世代のひとり、小祝さくら(20)がトーナメントレコードを更新する62(10アンダー)で単独首位に躍り出た。

 アウト発進の初日は前半に6バーディー(ノーボギー)を奪いターン。折り返して10番パー5は2オンに成功し8メートルを沈めてイーグル。その後も15、16番で連続バーディーを決めた。

 自己ベストを3打も更新した本人もびっくりだ。

「まさか62が出るとは思っていなかったのでびっくりしました。ミスショットも何回か出て危ないところもあったけど、ノーボギーで回れてよかった」

 会場は好スコアが出やすいリゾートゴルフ場として知られる。

「2001年からミズノクラシック(現TOTOジャパンC)の5年連続優勝記録を持つA・ソレンスタムも、瀬田(北C)で行われた02年15アンダー、03年24アンダー、04年22アンダー、05年21アンダーを出しています。距離が短く、ハザードもなくドライバーを打ったら2打目はショートアイアン勝負ですから、選手にはノンプレッシャーです」(ツアー記者)

 小祝の今季ドライバー飛距離は238・88ヤード(32位)、平均ストロークは72・579(ランク42位)と爆発力のある選手ではない。ショットが曲がらず、パットさえ入れば62の好スコアも簡単に出るリゾートコースの恩恵をたっぷり受けたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る