自己ベスト3打更新 小祝さくらの10アンダーはコースの恩恵

公開日:  更新日:

【センチュリー21レディース】

 昨年のプロテストに合格した黄金世代のひとり、小祝さくら(20)がトーナメントレコードを更新する62(10アンダー)で単独首位に躍り出た。

 アウト発進の初日は前半に6バーディー(ノーボギー)を奪いターン。折り返して10番パー5は2オンに成功し8メートルを沈めてイーグル。その後も15、16番で連続バーディーを決めた。

 自己ベストを3打も更新した本人もびっくりだ。

「まさか62が出るとは思っていなかったのでびっくりしました。ミスショットも何回か出て危ないところもあったけど、ノーボギーで回れてよかった」

 会場は好スコアが出やすいリゾートゴルフ場として知られる。

「2001年からミズノクラシック(現TOTOジャパンC)の5年連続優勝記録を持つA・ソレンスタムも、瀬田(北C)で行われた02年15アンダー、03年24アンダー、04年22アンダー、05年21アンダーを出しています。距離が短く、ハザードもなくドライバーを打ったら2打目はショートアイアン勝負ですから、選手にはノンプレッシャーです」(ツアー記者)

 小祝の今季ドライバー飛距離は238・88ヤード(32位)、平均ストロークは72・579(ランク42位)と爆発力のある選手ではない。ショットが曲がらず、パットさえ入れば62の好スコアも簡単に出るリゾートコースの恩恵をたっぷり受けたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る