5打差32位タイ T・ウッズがメジャー15勝目を狙える位置に

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 3年ぶりに全英に帰ってきたT・ウッズ(42)が、イーブンパー、32位タイで無難なスタートを切った。

 セントアンドルーズ(オールドコース)で行われた2000年大会では、散在するポットバンカーを避けるため一度もドライバーを使わず圧勝。この日もウッズは第1打にはアイアンを多用した。大会前は雨がまったく降らず、パンパンに硬くなったフェアウエーは驚くほどのランが出る。ティーショットの平均飛距離は320ヤードを記録した。

 フロント9はフェアウエーを一度も外さず、グリーンを狙うショットでバンカーに入れたのが2回。1番、4番のバーディーで2アンダーとしたが、13番、15番で1.5メートルのパーパットを決められず「貯金」を吐きだした。

 15年に腰の故障でツアーを離れ、今年は約2年半ぶりに復帰した。かつて1位だった世界ランクは今年初めには649位まで落ちていたが、ベスト10入り3度でポイントを稼ぎ71位までランクアップした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る