5打差32位タイ T・ウッズがメジャー15勝目を狙える位置に

公開日:

【全英オープン】

 3年ぶりに全英に帰ってきたT・ウッズ(42)が、イーブンパー、32位タイで無難なスタートを切った。

 セントアンドルーズ(オールドコース)で行われた2000年大会では、散在するポットバンカーを避けるため一度もドライバーを使わず圧勝。この日もウッズは第1打にはアイアンを多用した。大会前は雨がまったく降らず、パンパンに硬くなったフェアウエーは驚くほどのランが出る。ティーショットの平均飛距離は320ヤードを記録した。

 フロント9はフェアウエーを一度も外さず、グリーンを狙うショットでバンカーに入れたのが2回。1番、4番のバーディーで2アンダーとしたが、13番、15番で1.5メートルのパーパットを決められず「貯金」を吐きだした。

 15年に腰の故障でツアーを離れ、今年は約2年半ぶりに復帰した。かつて1位だった世界ランクは今年初めには649位まで落ちていたが、ベスト10入り3度でポイントを稼ぎ71位までランクアップした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る