遅咲きプロのK・キスナー 驚異の22パットで単独トップに

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 米ツアー2勝のケビン・キスナー(34)が1イーグル、4バーディー、1ボギーの66で回り単独首位に立った。

 天候が穏やかな午前7時52分スタートの初日はパット数22とチャンスをことごとくカップにねじ込んでいった。

「今月初旬のグリーンブライアーではパットの調子が悪く、今週月曜日にみっちり練習して修正した。グリーンのコンディションが違うので慣れるのに大変だった。明日、雨が降るかもしれない。降らなくても、残り3日間で雨が試合に大きな影響を与えることは間違いない。今日のように残り3日間をプレーするだけ。自分を信じている」(キスナー)

 強豪校ジョージア大出身だが、2006年のプロ転向後はミニツアーや下部ツアーの下積み生活が長く、14年から5年連続でツアーに定着した遅咲きプロだ。

 アイアンのキレ味が抜群のショットメーカーで、昨季の2勝目はJ・スピース、J・ラームとの接戦をものにしている。全英は4年連続4度目の出場になり、最高成績は昨年の54位。ここ2、3年で急成長したダークホースが主役に躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る