遅咲きプロのK・キスナー 驚異の22パットで単独トップに

公開日:

【全英オープン】

 米ツアー2勝のケビン・キスナー(34)が1イーグル、4バーディー、1ボギーの66で回り単独首位に立った。

 天候が穏やかな午前7時52分スタートの初日はパット数22とチャンスをことごとくカップにねじ込んでいった。

「今月初旬のグリーンブライアーではパットの調子が悪く、今週月曜日にみっちり練習して修正した。グリーンのコンディションが違うので慣れるのに大変だった。明日、雨が降るかもしれない。降らなくても、残り3日間で雨が試合に大きな影響を与えることは間違いない。今日のように残り3日間をプレーするだけ。自分を信じている」(キスナー)

 強豪校ジョージア大出身だが、2006年のプロ転向後はミニツアーや下部ツアーの下積み生活が長く、14年から5年連続でツアーに定着した遅咲きプロだ。

 アイアンのキレ味が抜群のショットメーカーで、昨季の2勝目はJ・スピース、J・ラームとの接戦をものにしている。全英は4年連続4度目の出場になり、最高成績は昨年の54位。ここ2、3年で急成長したダークホースが主役に躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る