18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

公開日:  更新日:

【全英オープン】

 悔やんでも悔やみきれない1打だった。

 初日、4オーバー・110位の松山英樹(26)は、雨の降る午前10時20分(日本時間18時20分)にスタート。第2打を50センチにピタリとつけた5番でバーディーが先行し1打返すも、その後は11番までバーディーチャンスをことごとく逃し、我慢のパープレーが続いた。

 12番はグリーンを外し、4メートルのパーパットを決められず初ボギー。スタート時のスコアに戻ってしまいイライラが募る。

 そして迎えた14番・パー5。それまでの鬱憤を晴らすかのように第2打をピン奥6メートルに乗せると、このイーグルパットを沈めて軽くガッツポーズ。「やっと入ったよ」と言って、この日初めてキャディーに笑顔を見せた。

 戦闘モードに入った松山はレインウエアを脱ぎ、難関の16番もピン上3・5メートルのややフックラインのバーディーパットを決めて通算1オーバーまでスコアを縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る