18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 悔やんでも悔やみきれない1打だった。

 初日、4オーバー・110位の松山英樹(26)は、雨の降る午前10時20分(日本時間18時20分)にスタート。第2打を50センチにピタリとつけた5番でバーディーが先行し1打返すも、その後は11番までバーディーチャンスをことごとく逃し、我慢のパープレーが続いた。

 12番はグリーンを外し、4メートルのパーパットを決められず初ボギー。スタート時のスコアに戻ってしまいイライラが募る。

 そして迎えた14番・パー5。それまでの鬱憤を晴らすかのように第2打をピン奥6メートルに乗せると、このイーグルパットを沈めて軽くガッツポーズ。「やっと入ったよ」と言って、この日初めてキャディーに笑顔を見せた。

 戦闘モードに入った松山はレインウエアを脱ぎ、難関の16番もピン上3・5メートルのややフックラインのバーディーパットを決めて通算1オーバーまでスコアを縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る