• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

【全英オープン】

 悔やんでも悔やみきれない1打だった。

 初日、4オーバー・110位の松山英樹(26)は、雨の降る午前10時20分(日本時間18時20分)にスタート。第2打を50センチにピタリとつけた5番でバーディーが先行し1打返すも、その後は11番までバーディーチャンスをことごとく逃し、我慢のパープレーが続いた。

 12番はグリーンを外し、4メートルのパーパットを決められず初ボギー。スタート時のスコアに戻ってしまいイライラが募る。

 そして迎えた14番・パー5。それまでの鬱憤を晴らすかのように第2打をピン奥6メートルに乗せると、このイーグルパットを沈めて軽くガッツポーズ。「やっと入ったよ」と言って、この日初めてキャディーに笑顔を見せた。

 戦闘モードに入った松山はレインウエアを脱ぎ、難関の16番もピン上3・5メートルのややフックラインのバーディーパットを決めて通算1オーバーまでスコアを縮めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る