3オーバー65位 宮里優作が4度目で初決勝へ滑り込みセーフ

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 今季は日米欧ツアーを掛け持ちで世界中を飛び回る宮里優作(38)。

 前週のスコティッシュオープンは2日目のスタート前に腰痛で棄権し、今大会も満足な練習ラウンドができずにぶっつけ本番だった。

 初日はパープレーで回り32位タイ。この日は14番でイーグルを奪い1アンダーまでスコアを伸ばした。

 だがカーヌスティは上がり3ホールがタフで、「(腰が)きつかった」と17番でボギーをたたきイーブンパー。

 それでも3オーバーのカットラインには十分な余裕があった。

 そして松山がトリプルボギーをたたいた18番でピンチに見舞われた。バリーバーンと呼ばれるクリークがティーからグリーン手前までくねって流れる名物ホールでティーショットを左に曲げてOB。打ち直しの3打目はフェアウエーをとらえたが、4打目は右ガードバンカーにつかまる。ボールは垂直の壁に近く、窮屈なスタンスから脱出に成功してピン2メートルに寄せるも、ダブルボギーパットはカップの左を通過してトリプルボギー。通算3オーバー65位タイでホールアウトし、4度目の全英出場で初の決勝進出を決めた。

「上がり3ホールはティーショットをコントロールできずにボロボロでした。パープレーで回りたかったのですごく残念です。明日までにクラブを振れるようにどうにかしたい」(宮里)

 腰に“爆弾”を抱えていては、メジャーで世界の強豪プロと対等に戦えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る