3オーバー65位 宮里優作が4度目で初決勝へ滑り込みセーフ

公開日:  更新日:

【全英オープン】

 今季は日米欧ツアーを掛け持ちで世界中を飛び回る宮里優作(38)。

 前週のスコティッシュオープンは2日目のスタート前に腰痛で棄権し、今大会も満足な練習ラウンドができずにぶっつけ本番だった。

 初日はパープレーで回り32位タイ。この日は14番でイーグルを奪い1アンダーまでスコアを伸ばした。

 だがカーヌスティは上がり3ホールがタフで、「(腰が)きつかった」と17番でボギーをたたきイーブンパー。

 それでも3オーバーのカットラインには十分な余裕があった。

 そして松山がトリプルボギーをたたいた18番でピンチに見舞われた。バリーバーンと呼ばれるクリークがティーからグリーン手前までくねって流れる名物ホールでティーショットを左に曲げてOB。打ち直しの3打目はフェアウエーをとらえたが、4打目は右ガードバンカーにつかまる。ボールは垂直の壁に近く、窮屈なスタンスから脱出に成功してピン2メートルに寄せるも、ダブルボギーパットはカップの左を通過してトリプルボギー。通算3オーバー65位タイでホールアウトし、4度目の全英出場で初の決勝進出を決めた。

「上がり3ホールはティーショットをコントロールできずにボロボロでした。パープレーで回りたかったのですごく残念です。明日までにクラブを振れるようにどうにかしたい」(宮里)

 腰に“爆弾”を抱えていては、メジャーで世界の強豪プロと対等に戦えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る