• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベンゲル監督浮上 背景にまたスポンサー&テレビへの忖度

 ポスト西野が「東京五輪世代のU―21代表の監督を務める森保・日本代表コーチに確定」報道が氾濫する中、20日に次期監督の選定を担う日本サッカー協会(JFA)の技術委員会が行われた。

 話し合いは午後2時から約3時間半。終了後に関塚技術委員長がJFA内で取材に応じた。

「技術委員会から一任を受けた。これから次期代表監督に(ふさわしい)案件に沿ってじっくり吟味したい」と話したが、報道陣から「日本人監督から選ぶのか?」「森保監督に一本化?」といった質問に対しては「デリケートな話、仮定の話についてはコメントを差し控えます」を連発。伏し目がちになったり、シドロモドロになったりしながら「誰という形までには至っていない」を繰り返し、具体的なコメントを発することはなかった。「スポーツマスコミの報道は森保代表監督の一本かぶりですが、水面下で複雑な動きがあります」とサッカー関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る